この病気は治りますか?



 「○○という病気は、ホメオパシーで治りますか?」

 よくいただく質問です。 


 私は「どの病気でも治る可能性があります。」とお答えしています。  

それは、ホメオパシーで治すことができる、と言っているわけではなく、  

病気を作ったその人自身の中に、 病気を治すことのできる可能性も眠っている、

と考えているからです。 

 ホメオパシーの薬(レメディ)が、病気を治すわけではありません。 

その人自身の治す力に、劇的に作用するのがホメオパシーです。


私の考える重要な点は、2つです。  

1つ目は、その方の中にある、自己治癒力のポテンシャル。 

潜在的な能力、可能性です。 

自己治癒力は一般的に、お年寄りよりも子どもの方が高いと思われますが、 

外的要因・内的要因・遺伝的要因により、違ってくるでしょう。 

レメディだけに頼らず、生活を見直していくことも大切です。  


2つ目は、その自己治癒力に作用するレメディをホメオパスが上手く選べるかどうか。 

ホメオパスが100人いれば、100通りのレメディを選択します。 

レメディはそれほど種類が多いですし、

ホメオパスの質問やものの見方、人間性が レメディ選びに大きく反映してくるからです。 

どのホメオパスにかかるか?も非常に重要です。

ぜひご自身にあったホメオパスを見つけてくださいね。

⇒ ホメオパスを選ぶことがどうして重要なのか?その理由について(ブログ記事)


⇒ 次の記事へ ”何回くらいで改善しますか?”



 

More Natural! 藤川 由紀

都心で暮らす、健康の知恵 ◆ホメオパシーセンター世田谷下北沢